製品紹介・販売

生産者が自信をもってオススメするTOS栽培で作られたお米!

Rice / 同じ釜の飯を食うが如し

同じ釜の飯を食うが如し

「同じ釜の飯を食うが如し」販売にあたって

社会貢献型「トータルライフスタイル」を推進します。

日本は高度経済成長により繁栄をしてきましたが、今の農業はGDPの1%であり衰退の一途をたどっています。
後継者・人手不足・食料自給率の低下・TPPへの参加など農業を取り巻く環境は年々悪化しており未来が見えない状況です。
特に稲作農家さんの収入はピーク時の60%減、大多数の農家さんが赤字経営です。利益が出ない農業では若者も参加しない業種となり、人件費もかけられず、家族でタダ働きをしているような現状なのです。
これは既存流通システムが安値合戦を行い、お米を買い叩いてきたことが原因のひとつになっています。

アトコントロールとして衰退していく日本農業に、何か変革をもたらすことができないか考えました。
弊社は消費者参加型ネットワークを展開しています。これまで「美容と健康」、そして「社会貢献」を提唱しておりますが、そこに「 農業 」を融合させ、日本の美しい田んぼを守り、本質を追求する社会貢献型「トータルライフスタイル」を推進してまいります。

日本の農業を世界に発信する為に、健康な土づくりを行い、健康な農産物を作る、そして環境を守りながら農業を行う「 TOS栽培 」によるお米づくりをおこなっています。

農家さん

炊き方について

環境負荷を与えない農法

オーガニックとTOS農業

多くのユーザーに、「オーガニックとは?」という質問に対する回答の多くは「化学肥料や農薬を使わないで栽培された安全な食品である」というものが多数ではないかと思います。
しかし、本来のオーガニックの目的は違った観点からスタートしたものなのです。
「環境を守り、生態系を壊さない農業」それは、化学肥料や農薬を極力使わない環境を壊さない農業体系であり、結果的により安全な食品であることにつながっただけなのです。
私たちは今後の農業を考えた結果、「 土 」からすべてが始まるのではないかと考えています。

私たちは今後の農業を考えた結果、「 土 」からすべてが始まるのではないかと考えています。
土が水を貯え、浄化し、作物を育て、生命を育み、また生命を生み出すために土に還る・・・
すべての循環に通じています。
この考え方から、土づくりを中心にした、環境に最大限配慮し、昔の田園にいたトンボやホタルと共生する農業を目指して参ります。

同じ釜の飯を食うが如し

化学肥料や農薬を極力使わない新鮮なお米を消費者へ

産地直送! 送料無料!

「同じ釜の飯を食うが如し」の名由来は、
日本さらには世界の国々とは大地でつながり、
その大地によって育まれた食物で暮らしている仲間である。
という思いからついた名です。
その大切な大地を、次の世代に託すための
健康な土づくり農法=TOS栽培で育てたお米です。

TOS農業の循環型ライフスタイル

「健康な大地から、健康な農産物は生まれる」という観点から、有機物肥料を中心とした 土づくりをしっかり行い、生産から消費、環境までも循環する農業を目指す栽培法です。

TOS農業のサイクル
TOS農業のサイクル

お米の栽培を始めました!岡山県試験圃場にて

TOS農業の流れ.1

圃場に肥料を散布開始。

TOS農業の流れ.2

発酵鶏糞や発酵野菜残渣などで作った有機肥料を散布。

TOS農業の流れ.3

発酵鶏糞。

TOS農業の流れ.4

田んぼの土には蜘蛛の巣が張っている。農薬に敏感な小昆虫などが生息できるということは、健康な土であることの証拠である。

TOS農業の流れ.5

直播にて稲植。

TOS農業の流れ.6

1か月も経たない間で、稲が30cm程に成長。

TOS農業の流れ.7

他の田んぼより生育が良く色も変化してきている。

TOS農業の流れ.8

田んぼの水中、面には藻、浮草などしっかりあり、穂茎も丈夫である。他の田んぼでは、倒穂が見られた。

TOS農業の流れ.9

右側の田んぼ画像実の登熟が遅くまだ青い。

TOS農業の流れ.10

収穫前。

TOS農業の流れ.11

他の田んぼより明らかに生育が良く、丈夫である。

TOS農業の流れ.12

隣接の稲穂との比較同時期に播種したが生育の差が大きい。

同じ釜の飯を食うが如し

同じ釜の飯を食うが如し(加工米)
〈TOS栽培で育てたお米に、
ダチョウ卵黄エキスをコーティング。〉

原材料名:うるち米(国内産)
内容量:5kg/袋
◎希望小売価格:6,480円(税込)