アトコントロールの使命

新たな価値の創造と社会貢献

代表者挨拶

代表取締役 上市 達矢

アトコントロールがつなぐ未来

2008年をピークとして減少に転じた日本の人口は、高齢化が加速的に進んでいます。

病気の治療法は次々と開発され、今まで命を落としていた病気も治る病気へとなってきています。
病院通いをしながら長寿に恵まれる世代が増え、莫大な医療費を実際に労働する若い世代が負担する時代です。

IT化・AI化で高齢者はおろか、技術者や若者からも仕事が奪われ、年金も当てにできずに生活保護を求める時代になります。

その中で我々に何ができるのか?
人生は100歳時代、60歳からが人生の本番、2020年からは女性の半分は50歳以上となります。

人や国があなたのために何をしてくれるのかではなく、あなたが人や国のために何を成すことができるのかを問うて欲しいのです。

それは平均寿命が延び続ける中で、アトコントロール製品を通じ「質の高い健康生活」を多くの方にお届けすることです。

使った人に喜ばれ、縁になった人を幸せにし、超高齢化の日本で、誰にでも、何歳からでもできる仕事を提供し、国の医療費縮減にも貢献できる大義ある活動です。そして貢献者は豊かな経済を手に入れることができるのです。

ダチョウ抗体でそこにある高齢化社会に立ち向かい、社会貢献、生きがい、やりがいのある仕事を!

アトコントロールは抗体製品で心と身体、未来をつなぐプロジェクトです。